漫画

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!
Pocket

今回は鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!についてお伝えして行きたいと思います。

 

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する伝説の鬼狩りの剣士です。

縁壱のエピソードは物語の後半になると頻発し、黒死牟の記憶、無惨の記憶、炭治郎昏睡状態時にカットインして来る先祖の記憶などとして今までの謎の部分を解き明かしていきます。

伝説の鬼狩り継国縁壱はどんな生い立ちでどのように鬼狩りに成り黒死牟、無惨、炭治郎の先祖と関わって来たのでしょう。

ヒノカミ神楽との関係は?!

と言う事で今回は鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!についてお伝えして行きたいと思います。

 

目次

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『日の呼吸』いわゆる『始まりの呼吸』の使い手と言われています。

『縁壱』という名前の由来ですが、「人と人との繋がりをなにより大切にして欲しい」という母の願いからつけられた名前の様です。

十二鬼月、上弦の壱である黒死牟(継国巌勝)の双子の実の弟という事に成ります。

生まれつき痣のある子供で、その頃から『透き通る世界』を見ることが出来た言わば特殊能力持ち合わせた子供でした。

後にも先にも右に出る者もいない程の最強の鬼狩りの剣士となります。

その強さは、無惨でさえも敵わないほどであり「本当の化け物はあの男だ、私ではない!!」とまで言わしめた程です。

兄である巌勝は縁壱の強さに嫉妬し、無惨によって鬼となっていきます。

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?最初にして最強の鬼狩り

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!

統計として、痣が出てしまった者は二十五歳を待たずして死んでしまうのが常とされておりましたが、縁壱だけは長生きしたそうです。

そして老人になってもその強さは衰えず、まさに鬼舞辻無惨を倒す為生まれてきた申し子のような存在です。

縁壱の日輪刀は黒刀で、戦いの時だけ赤く染まり、この日輪刀は『赫刀』といい鬼の肉体の再生を取り繕えなくなる効果があります。

後々の炭治郎や他の柱たちも赫刀を発現させられる様に成るのですが、鬼舞辻無惨は「あの男(縁壱)の赫刀は、斬撃はこんなものではなかった」とその桁違いの様を強調しております。

実際、炭治郎や柱たちの赫刀が無惨の肉体の再生を遅らせる程のものであるのに対し、縁壱の赫刀での刀傷は何百年も完治する事なく無惨の細胞を灼き続けました。

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?『日の呼吸』と『ヒノカミ神楽』

縁壱は自らが編み出した『日の呼吸』を多くの剣士に惜しみなく教えました。

しかし『日の呼吸』を使える者は出て来ませんでした。

そこで縁壱は個人に合わせた『呼吸』を考案し教えました。

それが『水の呼吸』や『炎の呼吸』など、『日の呼吸』を中心に派生した呼吸の始まりでした。

炭治郎の家では代々『ヒノカミ神楽』として伝えられてきました。

縁壱は炭治郎の祖先を助けており、その時に『日の呼吸』の型を披露した事が切っ掛けで代々『ヒノカミ神楽』として竈門家伝承されて行きました。

 

絡繰人形『縁壱零式』

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!

刀鍛冶の里では、縁壱をモデルにした絡繰人形『縁壱零式』が作られ二つと無く複製も出来ないその絡繰人形を大切に代々受け継ぎ守っていました。

その際、二本腕では縁壱の強さを再現することができずに六本腕となっています。

この『縁壱零式』の中には、縁壱が使っていた日輪刀と同じ『滅』の字が彫られた日輪刀が隠されていましたが。

これが縁壱の日輪刀と同一のものかどうかは分かっておりません。

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?縁壱の生い立ち(巌勝の記憶)

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!

縁壱は幼少の頃から感情が顔より表に出ることが全くと言っていい程無い子でした。

双子の兄である巌勝でさえも縁壱の笑顔を見た覚えは数えるほどしか無かった様です。

幼少の頃から優しい心根を持ち、人に対して思いやりを持って行動をしていた縁壱

しかし、その正しさのあまりに兄の巌勝の性格は次第に歪んいきました。

縁壱は双子の弟として生まれましたがその当時双子は後継者争いの原因となってしまうものとして不吉とされていました。

更に縁壱は生まれつき顔に痣があった為に不気味がられ、父親によって殺されそうになりました。

しかし、それを母親は烈火の如く怒り狂い必死で止めた為に何とか殺される事は免れ、その代わり十歳になったら出家させる事になります。

 

兄・巌勝との違い

それから縁壱は後継ぎとなる双子の兄・巌勝とは全く異なった生活を余儀なくされます。

着る服、食べ物、部屋、教育など、全てにおいて天地の差をつけられましたが、縁壱は文句一つ言いませんでした。

そのせいか、縁壱は母親離れできませんでした、母が歩く時は左脇にぴったりとくっつき離れようとせず、丸で甘えん坊でした。

兄巌勝はそんな縁壱を哀れに想い父の目を盗んでは縁壱の部屋度々訪ねる様になります。

巌勝は自分の持ち物を縁壱に与えた事を父親に気付かれると酷く叱られてしまうので自作の小さな笛を縁壱に渡しました。

嬉しいのか嬉しく無いのか、、、その頃の縁壱は感情の起伏を表情に出すことが全く無く、七歳まで話すことが無かったので耳が聞こえないものとだと思われていました。

 

巌勝をも遥かに凌ぐ剣の才能

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!

二人が七歳のある日、剣の稽古をしている巌勝に音無く近づき、縁壱は「兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか?」と唐突に尋ねます。

巌勝はその時初めて縁壱の声を聞く事と成りますが、【初めて口を開いたかと思えば流暢に話し出す、、、】縁壱は耳が聞こえない物だと思われていたので巌勝はショックを隠せませんでした。

縁壱はその時、自身も侍になると言って笑い、初めて見せた縁壱の笑顔は、巌勝に不気味以外の何物でもありませんでした。

侍は命がけのもの、母の歩く姿を見れば一目散にしがみ付きに行く、、、

「そんな者が侍に成らる訳が無い。」巌勝は密かにそう思っていました。

その日を境に毎日稽古を見に来ては教えて欲しいと言い、辺りをちょろちょろする様になりました。

巌勝の剣の先生は試しに袋竹刀を持たせ、口頭で剣の振り方を縁壱に軽く手解きし、試しに打ち込むように言った次の瞬間、縁壱は先生を倒していました。

縁壱はその時に味わった感触が耐え難く不快で、それ以降、侍になりたいなどとは言わなくなりました。

 

特殊な能力

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!

縁壱は強さの秘訣を何としても知りたい巌勝の食い下がりに「打ち込んで来る前に肺が大きく動く。骨の向きや筋肉の収縮、血の流れをよく見ればいい。」と言いました。

巌勝は『透明な世界』をはなから見ることが出来無かった為、最初は何を言っているのさっぱり理解ができませんでした。

巌勝が理解したのは、自分より可哀想な境遇で見劣りすると思っていた弟が自身より遥かに優れた人間だったという現実でした。

その件が切っ掛けで巌勝と縁壱の立場は丸で逆転してしまいます。

跡継ぎは縁壱に寺に出家は巌勝に、、、

 

縁壱旅立つ

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!

そして、ある夜に母親が病により他界し母親を見届けた縁壱は、巌勝の部屋を訪れます。

そして縁壱は、母親が他界した事、このまま寺に向かう事を巌勝告げました。

巌勝には母親が病により他界した事は寝耳に水でした。

縁壱に詳細を聞くと側づとめの”いと”に聞くように促されます。

そして縁壱は以前に巌勝から貰った笛を大事に取り出し「いただいたこの笛を兄上だと思い、どれだけ離れていても挫けず日々精進いたします。」

と笑い、大した荷物もろくに持たずにてくてくと何処かへ旅立ってしまいました。

父親は縁壱を連れ戻そうとしましたが、縁壱は寺に行っておらず、消息が解りませんでした。

縁壱は忽然と姿を消し、どこかで野垂れ死にをしてしまったのか、、、一行に家に戻る様子は有りません。

計らずしも巌勝の望は叶うのでした。

 

母の日記

巌勝は母の日記を読みました。

そこには、縁壱は自分が跡継ぎに成ると解ると早めに出家する事を決めたらしく。

更には母が何年も前から左半身の不調に苦しみ、死期まで察知していたと言う事でした。

左半身、、、”縁壱は母にしがみ付いていたのでは無く病で弱っていた母を支えていたのでした。

常に間違った選択をしない縁壱に対し心から憎悪し嫉妬の炎を燃やし始めるのでした。

 

再び再会兄も鬼狩りに

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!

それから十年余りの時が過ぎ、巌勝は嫁を貰い子宝にも恵まれ平穏な日々を過ごしておりました。

一方の縁壱は鬼狩りの剣士となっていました。

ある日、巌勝が野営中に鬼に襲われていた所を縁壱がそれを助けたのでした。

縁壱が鬼から兄を助けたこの行為は、兄・巌勝の眠っていた妬みと憎しみの感情に再び火を灯す事と成るのでした。

巌勝は縁壱の強さと技をどうしても欲しく成り、家庭や地位など、全てを捨てて鬼狩りの剣士の道を新たに歩む事と成るのでした。

縁壱は自身が編み出した『日の呼吸』を他の鬼狩りの仲間達に惜しみなく教るのですが、『日の呼吸』を使える様に成った者は誰一人としておりませんでした。

そこで縁壱は剣士に合わせた呼吸を考案し教え、それにより『日の呼吸』を中心とした様々な呼吸が生まれて行きました。

一法では痣が発現する者も続出し鬼狩りの戦力も格段に向上して行きました。

巌勝も縁壱と全く同じ痣が発現しました。

 

鬼狩りから鬼へ変貌する兄巌勝

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!

しかし巌勝は自分が使えるように成った呼吸に『月の呼吸』と名付けただけの派生の呼吸しか使えず。

いくら鍛錬しても『日の呼吸』を使えるようには成らない事に焦りを感じます。

更に追い打ちを掛けるように痣がを発現したものがバタバタと倒れて行きました。

どうやら、痣が発現すると鬼狩りとしての戦闘能力は激的な飛躍的を遂げる一方で。

肉体的な負担は大きく痣は寿命の前借でしかなく全盛期はすぐに終わる事に巌勝は更に思い悩んでしまいます。

そんな自暴自棄の時に巌勝は事も有ろうに無惨に出会ってしまい、強さと寿命を手に入れるため、強いては縁壱を超える為に鬼への変貌を遂げるのでした。

 

黒死牟との闘い

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!

それから数十年後、縁壱は八十歳を超えても尚長生きしていました。

そして黒死牟と言う名の鬼となった兄・巌勝と再会します。

縁壱は黒死牟の変わり果てた姿を見て「お労しや。兄上。」と涙を流し、刀を握りました。

見た目は老いさらばえた老人でも、縁壱の強さは八十を超えても尚、全盛期と変わらぬ速さと威力は衰えを知らず、黒死牟は成す術も有りませんでした。

しかし、縁壱は黒死牟との戦いの最中あと一歩の所で命が尽き、刀を持ち立ったまま息を引き取るのでした。

縁壱の懐には、かつて巌勝から貰った小さな笛が大事そうにしまって有りました。

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?炭吉とすやこ(縁壱の記憶)

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!
鬼殺隊を追われたある日、縁壱は炭治郎の祖先、炭吉とすやこの家を訪ねました。

縁壱は「誰かに話を聞いて欲しかった。ずいぶん考えて思い浮かんだのがお前とすやこの顔だった。」と言いました。

縁壱は子供を抱える炭吉に「お前たちが幸せそうで嬉しい、幸せそうな人間を見ると幸せな気持ちになる、この世はありとあらゆるものが美しい、この世界に生まれ落ちることができただけで幸福だと思う。」と言い。そして自身の過去を語り始めました。

 

縁壱が振り返る過去

縁壱の母親は信心深い人でした。

この世の中から争いごとが無くなるように毎日毎日神仏に手を合わせていました。

母親は会話が出来ない縁壱は耳が聞こえていないのだと考え、「太陽の神様が縁壱の耳を温かく照らしてください」と言う願いを込めて耳飾りのお守りを作りました。

縁壱の兄は縁壱にとって優しい人で、そしていつも縁壱を気に掛けてくれました。

「縁壱に構うな」と父に殴られた次の日も、笛を作り持ってきては「助けて欲しいと思ったら吹け。すぐに兄さんが助けにくる。だから何も心配要らない。」と言って紫色に腫れた顔で笑ってくれました。

忌み子だった縁壱は母が他界した夜すぐに家を出て寺に行くつもりでしたが寺には向かわず、どこまでも続く美しい空の下を思いきり走り続けました。

縁壱はどこまで走っても疲れを知る事が有りませんでした。

 

”うた”との出会い

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!
ふと気づくと縁壱は山の中、田んぼと畑が隣り合うこじんまりした場所におり、そこで田んぼの中に佇む一人の同じ年頃の女の子を見つけました。

女の子は桶を持ったまま長い間動きませんでした。

縁壱が何をしているのか尋ねると、女の子は「流行り病で家族みんな死んじまった、一人になって寂しいから田んぼにいるおたまじゃくしを連れて帰ろうと思って」と話し。

そう言って又動かなくなりました。

しかし、女の子は夕暮れになるとおたまじゃくしを田んぼに逃しました。

「連れて帰らないの?」と縁壱が聞くと、女の子は「うん…。親兄弟と引き離されるこの子たちが可哀想じゃ。」と言いました。

それを聞いた縁壱は「じゃあ俺が一緒に家へ帰ろう。」と言いました。

女の子の名前は”うた”といい、黒曜石のような綺麗な瞳をしていました。

それから縁壱とうたは一緒に暮らすようになりました。

 

うたとの暮らし

うたは朝から晩までよく喋る女の子でした。

縁壱はうたのお蔭で他人と自分の世の中の見え方が違う事を知ります。

縁壱はうたから生き物の体が透けて見える者などいないと知らされた。

その時、漠然とした疎外感の理由が分かったような気がしました。

うたは糸の切れた凧の様だった縁壱の手をしっかりと繋いでくれた人でした。

十年後、縁壱とうたは夫婦となり子供を授かりました。

臨月が近づいた時、縁壱は産婆を呼びに出かけ日暮れ前には帰宅するつもりでした。

 

縁壱を見舞った悲劇

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!
その道中でうずくまる老人を見つけました。

老人は自分も心臓が悪いのに戦で負傷し死にかけている息子に山三つを越えて会いに行こうとしていると言うのです。

気の毒に思った縁壱は産婆を呼ぶのは明日にして老人を息子の元まで送り届け、家路へと急ぐ事にします。

すっかり日が暮れてしまい家に着いた縁壱が見たのは、お腹の子供諸共に血に塗れ変わり果てたうたの姿でした。

うたと子供は鬼に殺されていたのです。

”自分が命より大切に思っているものでも、他人は容易く踏みつけにできるのだ”

縁壱は鬼を追ってきた剣士に声をかけられるまで、悲しみの余りぼんやりと十日程うたと子供の亡骸を抱いていました。

縁壱の夢は家族と静かに暮らすことでした。

「愛する人の顔が見える距離、手を伸ばせばすぐに繋げる届く距離、それだけで良かったのに、そんな事すら叶わない。」

しかしその夢は鬼によって踏みにじられました。

 

縁壱鬼狩りの剣士に

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!
その後、縁壱は鬼狩りの剣士と成ります。

鬼を追う者たちは昔からいたましたが、呼吸を使っている者はいませんでした。

縁壱は鬼狩りの剣士たちに呼吸を教えます。

中でも『柱』と呼ばれている剣士たちは皆優秀で、元々柱たちが使っていた炎、風、水、雷、岩の剣術の型に呼吸を掛け合わせる事により剣士達の能力は格段に飛躍しました。

鬼狩りたちは凄まじい勢いで鬼を倒す様に成り、部下を鬼に殺された縁壱の兄巌勝も加わりました。

 

鬼舞辻無惨

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!
それから間も無く、縁壱は鬼の始祖、鬼舞辻無惨と遭遇します。

縁壱は無惨と出会った瞬間にこの男を倒すために生まれて来たのだと悟ります。

無惨は女の鬼を連れていました。

無惨は「呼吸を使う剣士にはもう興味がない。」と言って即座に戦いを仕掛けて来ました。

無惨の攻撃は恐るべき速さと懐の広さを持っていました。

縁壱はかすり傷一つでも死に至ると感じ取り、生まれて初めて肝を冷やします。

縁壱は無惨の身体を透かして見ました、すると心臓が七つ、脳が五つあることが解り、この瞬間縁壱は自らの剣技の型を完成させました。

縁壱の赫刀で斬られた無惨の身体は再生できず斬られた首は落ちぬよう支えていましたが繋がる事も無く困惑していました。

 

取り逃がす

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!
縁壱は無惨にどうしても聞きたい事が有り「命をなんだと思っている?」と無惨に問いますが返答は有りませんでした。

無惨の顔は怒りで赤黒く染まっており、縁壱は自身の問いかけが無惨の心に届かないことを理解しました。

縁壱が女の鬼の方を見ると、その鬼は無惨を助けようともせず、首を斬られた無惨を凝視していました。

その眼はキラキラとした希望の光で満ち溢れていました。

縁壱は女の鬼よりは後回しに無惨にとどめを刺そうとしました。

縁壱が無惨に一歩近づくと、無惨の食い締められた奥歯が砕ける音がしました。

その瞬間、無惨の体が千八百もの肉片になって勢いよく四方八方に弾け飛びました。

縁壱は千五百と少しの肉片を斬りましたが、残りの肉片を逃してしまいました。

逃した肉片を全て合わせるとおよそ人間の頭ほどありました。

 

珠世との出会い

縁壱が暫く立ち尽くしていると、女の鬼が鳴き叫ぶような声と共に倒れ込みました。

「もう少しだったのに、もう少しだったのに…首の弱点を克服していたなんて…」と女の鬼は言って頭を掻きむしりました。

女の鬼は涙を流しながら「死ねば良かったのに!生き汚い男!鬼舞辻無惨…!」と言葉を絞り出しました。

”死なない、、、なぜ私死なないの”

女の鬼は無惨が弱った為に一時的に無惨の支配から解放されていました。

縁壱が女の鬼を宥めると、女の鬼は無惨について堰を切ったように話しだしました。

女の鬼は縁壱が死ぬまでは無惨は縁壱の前に姿を現さないだろうと言いました。

縁壱は女の鬼に無惨を倒す手助けをして欲しいと頼みました。

女の鬼は最初は戸惑いつつもその頼みを承知してくれました。

その女の鬼の名前は『珠世』と言いました。

 

鬼殺隊を追われる

その後、縁壱は駆けつけた仲間から兄巌勝が鬼になった事を聞かされました。

縁壱は、無惨止めを刺せなかった事、珠世を逃してしまった事、兄巌勝が鬼になってしまった事を鬼殺隊の隊員から問い詰められ、鬼殺隊を追われる事になりました。

一部の者は縁壱に「自刃(自殺)せよ」と迫った程ですが、産屋敷家の当主がそれを止めました。

 

縁壱さんは悪くない

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!
縁壱の過去を聞いた炭吉は「縁壱さんは悪くない。」と言いました。

しかし縁壱は「私は恐らく鬼舞辻無惨を倒すために特別強く造られて生まれて来たのだと思う」

「しかし私はしくじった。結局しくじってしまったのだ。私がしくじったせいでこれからもまた多くの人の命が奪われる。心苦しい。」と悔やんでいました。

炭吉は縁壱にかける言葉が見つかりませんでした。

その時、炭吉の子供が縁壱の着物を引っ張りだっこをせがみました。

縁壱は子供を高く持ち上げました。

すると子供は声を上げて無邪気に笑い、その屈託の無い純粋無垢な笑顔を見た縁壱の目からは涙が溢れていました。

縁壱はかつて鬼から守れなかった我が子のように子供を抱きしめ泣きました。

 

日の神神楽

そこに栗拾いに行っていたすやこが帰って来ました。

すやこはすみれを抱き涙を流す縁壱を見て「そんなに泣いてどうしたの!きっと大丈夫よぉ。お腹いっぱいご飯食べさせてあげますから。ねっ!元気出して!」と声をかけ、縁壱の頭を撫でました。

縁壱はすやこから剣の型を見たいとせがまれたので、日の呼吸の全ての型を披露しました。

それを炭吉はひとつも取りこぼさぬよう目に焼き付けていました。

縁壱の日の呼吸の型は息を忘れるほどの美しさでした。

縁壱が剣を振るう時、炭吉には縁壱が人ではなく精霊のように見えていました。

これが『神楽』として竈門家に受け継がれた理由です。

日の呼吸の型を見たすやこや子供たちが喜んではしゃぐと、縁壱は照れくさそうにうつむきました。

 

また一人旅立つ

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!
別れ際、炭吉は「また遊びに来てください。」と言いましたが、縁壱は返事をする事なく耳飾りを住吉に託しました。

炭吉は縁壱ともう会うことがない事を悟ります。

炭吉は遠ざかり小さくなっていく縁壱の背中に「縁壱さん!後に繋ぎます!貴方に守られた命で…俺たちが!貴方は価値のない人なんかじゃない!何も為せなかったなんて思わないでください!そんなこと絶対誰にも言わせない!俺がこの耳飾りも、日の呼吸も、後世に伝える!約束します!」と叫びました。

縁壱は炭吉の言葉を聞き笑顔を浮かべて「ありがとう。」と言い、二人に手を振りました。

 

鬼滅の刃日の呼吸の13の型名前一覧も一挙紹介!

『日の呼吸』で有り『始まりの呼吸』とも言い『ヒノカミ神楽』として竈門家に代々受け継がれてきた『日の呼吸』。

一説では漆黒の刃を持った者は出世が出来ないとも言われ。

漆黒の日輪刀を持った剣士は鬼の天敵と見なされ大成しないうちに命を狙われ奪われたと言われている。

言わずもがな、継国縁壱は漆黒の日輪刀を操り『日の呼吸』の使い手で有ったた故と言えましょう。

と言う事で13の型を紹介して行きたいと思います。

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?壱の型・円舞(えんぶ)

炭治郎が初めて使ったヒノカミ神楽です!

戦いの中で試したこの技は那田蜘蛛山で、下弦の伍・累との戦いで繰り出しました。

両手で刀を握り上から下へ渾身の力を込めて円を描くように振るったその刃の軌跡は炎を纏い敵を両断します。

下弦の伍・累の放つ最硬度の糸・刻糸牢を切ることが出来る程の威力。

 

 円舞一閃(えんぶいっせん)

上弦の肆半天狗に止めを刺した技!

炎舞に加え善逸から習った強い踏み込みを合わせ、高速の突撃から斬撃を繰りだします。

このオリジナルの技で上弦の肆の本体”恨”の首を落とすことに成功しました。

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?弐の型・碧羅の天(へきらのてん)

これも戦いの中で一か八か試した技で無限列車の時に初めて使いました。

上から下への落下の力に加え体の正中線を軸としたコマの回転を更に上体を前倒し縦回転に変換、落下の力を上体の縦回転に乗せることで絶大な威力を発揮できる技で有ります。

その威力は無現列車と一体化した下弦の壱魘夢の硬い脊髄を斬るほど!

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?参の型・烈日紅鏡(れつじつこうきょう)

上弦の陸の堕姫や上弦の参の猗窩座に対して繰り出した技です。

左右順番に水平に子弧を描く様に刀を素早く斬り込んでいきます。

前方の敵に対して前進しながらの攻撃が有効で広範囲の水平斬りが見込めます。

”烈日”とは激しく照りつける夏の太陽を意味し、”紅鏡”とは紅色に輝く鏡、 太陽を意味します。

堕姫の戦いで炭治郎は水の呼吸よりもヒノカミ神楽の方が自分に適している事を悟ります。

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?肆の型・灼骨炎陽(しゃこつえんよう)

上弦の陸・堕姫に使った技です。

前方の敵に対して戸愚呂を巻く様に刃を繰り出し攻撃します。

戸愚呂を巻いた炎のような激しい斬撃を受けた鬼は灼けるような痛みを受け。

その痛みから体を再生する事すら難しくなります。

”灼骨”はあぶる骨と書き、”炎陽”とは照りつける夏の太陽の意味。

照りつける夏の灼熱の太陽で骨まであぶり出す、まさに火力MAXの技!

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?伍の型・陽華突(ようかとつ)

上弦の肆・半天狗に使ったヒノカミ神楽唯一の突き技。

天井裏に逃げた半天狗を突き落とした技でも有ります。

上から襲って来る敵に有効で舞い上がる炎をまとった斬撃で強烈な突きを食らわせます。

文字通り、陽の華が咲いた様な突き技です。

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?陸の型・日暈の龍 頭舞い(にちうんのりゅう かぶりまい)

上弦の肆半天狗との戦いで使った技です。

幾重もの͡弧を描いて、丸でそこに龍が出現したが如くに駆け巡り刃を繰り出します。

とても広範囲の攻撃に適しており、上弦の肆の『積怒』『可楽』『空喜』の首を一度に同時に切り落とす程の大技。

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?漆の型・ 斜陽転身(しゃようてんしん)

上弦の参・猗窩座に止めを刺した技で接近し宙返りしながら、水平に首を切り落としました。

斜陽とは、西に傾いた太陽・没落しつつあることを意味します。

”宙返り”は一気に日の出の太陽が西に傾いた太陽のさまを連想させ。

また、”没落しつつあること”いわば止めを刺す一撃必殺の刃といえましょう。

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?捌の型・飛輪陽炎(ひりんかげろう)

上弦の参・猗窩座に首に傷を付けた技!

相手の予測とは裏腹に避けきれたと思った刃の切っ先が丸で陽炎の如く揺らぎ伸びていく技。

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?玖の型・輝輝恩光(ききおんこう)

無限城崩壊後の無惨との戦闘で使用した。

一瞬のうちに激しい火柱が立ち上がり無惨の左腕をアッと言う間に斬り落とした大技。

更にその間、瞬く間に栗花落カナヲのピンチを回避救出した。

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?拾の型・火車(かしゃ)

上弦の陸・堕姫や上弦の参・猗窩座に対して使った技で刃は”正眼の構え”で跳び上がり、体を垂直方向に前方転回します。

炎をまとった斬撃は強烈で上弦の参・猗窩座の左腕を切り落とした程でした。

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?拾壱の型・幻日虹(げんにちこう)

上弦の陸・堕姫や上弦の参・猗窩座に対して使った技で超高速な前方回転により、相手の裏を取る様に攻撃を回避しつつ同時に攻撃を繰りだす事ができます。

感覚の鋭い上弦の参・猗窩座にはあえて斬撃を残さず、一撃がはいった。

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?拾弐の型・炎舞(えんぶ)

上弦の陸・堕姫との戦いで使った技で振り下ろしたと思いきや素早く振り上げる技。

これによって、高速な二連撃を繰り出す、言わば”燕返し”の様な技です。

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?拾参の型

十二の型は繰り返す事で円環を成し、十三個めの型になる。

と言う事で

  1. 円舞
  2. 碧羅の天
  3. 烈日紅鏡
  4. 灼骨炎陽
  5. 陽華突
  6. 日暈の龍 頭舞い
  7. 斜陽転身
  8. 飛輪陽炎
  9. 輝輝恩光
  10. 火車
  11. 幻日虹
  12. 炎舞
  13. 円舞~炎舞の円環を成す

鬼舞辻無惨の強大な血鬼術を封じ込めるには悲鳴嶼が言う様に一度に12か所全ての急所を同時に攻撃する以外に無いと言う事に成ると思いますが。

炭治郎が行きついた拾参の型と言うのは拾弐個の型を更に繰り返す事で拾参の型と成す。

これにより一人でも夜通し舞い続ける事で無惨に休む事無く攻撃をし続け、日の出を待つ事が出来ると言う究極の一人波状攻撃と言えましょう。

 

鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?まとめ

と言う事で今回は鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!についてお伝えして参りました。

継国縁壱は人の心が解る思いやりの有るひとで。

剣技の達人であり透明な世界が見え日の呼吸の使い手と言う。

そして、意外とおっとりした可愛い性格の持ち主であり。

炭吉の娘を抱き上げ、屈託ない笑顔で笑われた時は我を忘れって泣き崩れたりと母性愛の様なものも兼ね備え。

最後に炭吉に見せた笑顔がとても素敵でした。

謎多き人物でしたが、とても魅力的な人柄でしたね。

と言う事で今回は鬼滅の刃日の呼吸の使い手継国縁壱(つぎくによりいち)とは?13の型名前一覧も一挙紹介!についてお伝えして参りました。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。