呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ最新141話考察!?虎杖悠仁は禪院家と加茂家の血を引く者?

呪術廻戦ネタバレ最新141話考察!虎杖悠仁は加茂家と禪院家の血を引く者?
Pocket

今回は呪術廻戦ネタバレ最新141話考察!?虎杖悠仁は禪院家と加茂家の血を引く者?についてお伝えして行きたいと思います。

140話の冒頭の乙骨優太のド派手な登場シーンのマウントのとり方がえげつなかったですね。

それから禪院直哉がチャッカリ乙骨優太の仲間に成ってしまいました、自分が優位に立つために手段は択ばない性格が分かりやすかったですね。

そして脹相ですがお兄ちゃんっぷりが板に付いてきましたね。

と言う事で今回は呪術廻戦ネタバレ最新141話考察!?虎杖悠仁は禪院家と加茂家の血を引く者?についてお伝えして行きたいと思います。

 

呪術廻戦ネタバレ最新141話考察!?虎杖悠仁は禪院家と加茂家の血を引く者?

虎杖悠仁と禪院家と加茂家の関係は、、、

140話の会話の中で禪院直哉が脹相に”赤血操術”について話していましたが。

脹相は加茂憲倫の実験によって生み出されたと思うので加茂家の血筋と言う事が分かります。

その脹相の弟と言う事であれば虎杖悠仁にも何らかの形で加茂家の血が混じっているのではないかと考えられるのです。

そして乙骨優太ですが、虎杖悠仁の身体能力を目の当たりにして「真希さんみたいだ」と言っています。

前にも似た様なセリフがあったのを皆さん覚えていると思うのですが。

一巻の一話で陸上部の顧問と砲丸投げ対決をした際に伏黒恵が虎杖悠仁の身体能力を見て「禪院先輩と同じタイプかな」と言っているので。

これまた伏線に思えて仕方無いのですが。

要は天与呪縛ですよね。

元祖天与呪縛と言えば伏黒(禪院)甚爾ですが、禪院真希と伏黒(禪院)甚爾の禪院家の血筋だけが天与呪縛を持ち虎杖悠仁もそれに近い身体能力を元々持っていたという事は、、、

やはり虎杖悠仁も禪院家の血が入っているのではないかと言う気持ちにさせられてしまうものです。

なので、恐らくお父さんが加茂家の人であれば、お母さんが自ずと禪院家の血筋の人と言う事に成ってしまいますよね。

この辺の所も話の中心に成って来るのでは無いかと思うのですが皆さんは如何でしょうか。

 

呪術廻戦ネタバレ最新141話考察!?追記

脹相の口から血筋の事が出ましたね、、、

10人兄弟と言う事ですが、、、九相図+1と言う事ですよね。

ファンブックには九相図は脹相、壊相、血塗の他は出て来ないという予定らしいのですが。

九相図は”例の脳みそ”が加茂憲倫に乗り換えた後に作り出したものだとすると。

虎杖悠仁は”例の脳みそ”が加茂憲倫の後に乗り換えた、そして偽夏油に乗り換える前に使っていた肉体の時に作った宿儺の器と言う事だと私は思います。

虎杖の父は大体その辺りの人だとして、母は又やはり只者では無い様な気がしてなりません。

やはり禪院家の血筋の影響で天与呪縛を持ち合わせているのでしょうか?!

虎杖が一話で宿儺の指を受肉した際虎杖を乗っ取れない宿儺が「この虎杖と言う小僧一体何者だ!?」と言っていましたので。

ここまで来ると虎杖が宿儺の指を受肉したのは偶然とは全く思えませんね。

今後確信に触れて行く重要な所では無いかと思います。

 

呪術廻戦ネタバレ最新141話考察!?東堂葵は登場する

呪霊狩りを始めた虎杖と脹相ですが冒頭で虎杖悠仁がパンパンと手を叩くシーンを見て東堂葵の”不義遊戯(ブギウギ)”を連想した人は少なくないのではないでしょうか?

思い返せば交流戦の前、東堂葵は乙骨優太にしきりに会いたがっていましたよね?!

百鬼夜行の事や夏油傑の事を話したかったのか、強い奴と戦いたかったのか、只単に好きな女のタイプを聞きたかったのか、、、定かではありませんが、、、

なので本編で乙骨優太登場と言う事ですので東堂葵とどんなやり取りがあるのか気になる所ではないでしょうか?!

交流戦前とは状況はまるで違いますけどね、、、

 

呪術廻戦ネタバレ最新141話考察!?禪院直哉について

禪院真希をディスることはおろか、禪院真希の従兄弟で当然仲良しだと言わんばかりの雰囲気をかもしてましたよね。

跡目争いの際は生死をさまよっている従兄弟の真希に対して「死んだらええ」などと言っていた人間とは思えない掌の返しように引きますよね。

更に伏黒恵を殺しに来た話も虎杖達にしているし「肝を冷やした」とも言っているので高専の学生たちの因果関係もある程度把握している事と思います。

強そうだけど、思った事をすぐ口に出してしまうデリカシーのない調子のいい人と言った印象ですね。

 

追記

脹相と戦っていますがなんだか脹相に興味がでてきたように思えてなりません。

過去に何か繋がりが有ったのかも、、、

 

呪術廻戦ネタバレ最新141話考察!?宿儺について

乙骨優太が圧倒的な強さなので虎杖のピンチが更に訪れる事が予測されますが。

本当のピンチの際の宿儺はどう動くのか、そしてそれほどのピンチが来るのか、、、

もしも伏黒恵が登場して禪院直哉が伏黒恵を追い込んだとしたら宿儺は黙っていないと思いますし、、、

それから宿儺の目的の一つとして完全体で復活する事だと思うのですが。

伏黒を利用する事はほぼ間違いないかと思われます。

 

宿儺の完全体

宿儺の完全体とは顔が二つ腕が四本と言う事なので、20本の宿儺の指を全部受肉が完了した際にもう二本腕が生えて来るのか。

誰かと合体するようなことに成り、その際に伏黒の力が必要なのか?

又は伏黒と虎杖を合体させてしまうのか?

宿儺は虎杖の身体から伏黒の身体に乗り換えたいのか?

何だかこの辺の事が起こるのでは無いかと私は思えてしょうがないのですが、、、如何でしょうか?

 

追記

虎杖が乙骨優太に刺されて宿儺が反応しましたね。

虎杖としては心肺停止状態と言う感じになれば自ずと宿儺が表面に出て来る事になるのでしょうね。

リカと対決したりする感じでしょうか?!

乙骨優太の領域展開とかも有れば見たい所ですね。

 

呪術廻戦ネタバレ最新141話考察!?脹相に死亡フラグ?

脹相は命がけで虎杖悠仁を守るのでは無いかと思います。

ひたすら、お兄ちゃんですから身体を張って虎杖悠仁を全力で守るという事以外に考えられません。

可愛い弟のためなら命も惜しくないということであれば息も長く無いのではと思ってしまいますが。

脹相がもしも死ぬのであれば、ほんの少しでも兄弟であって可愛がってくれた脹相に対して本気で涙を流し虎杖悠仁の更なる覚醒につながるのでは無いかと考えます。

 

呪術廻戦ネタバレ最新141話考察!?虎杖悠仁は禪院家と加茂家の血を引く者?

呪術高専2年、乙骨優太。かつて五条に師事した兄弟子が虎杖を狙う!!

乙骨優太の呪力が半端ないですね!

自分が立っていた足元のコンクリートがその呪力でガラガラと崩れてますね。

脹相も虎杖悠仁も唖然として見ていますね。

崩れたコンクリートの残骸の個所がまるで壁が口を開けたかのようですね。

「、、、誰だ」

虎杖悠仁がつぶやくと、建物から降りて来る乙骨優太。

「”誰であろうと目的は、、、”脹相は嫌な予感は的中する。

乙骨優太が道路の柵にに足が掛かると共に道路脇の壁があっと言う間に崩れ落ちた。

地震の様な振動と共に呪力がビリビリと伝わってくる。

虎杖と脹相は啞然としている。

 

禪院直哉の交渉

「誰が虎杖くんの」「何?」虎杖悠仁以外の二人の関係性を把握し様と尋ねる乙骨優太。

脹「やはり悠仁の死刑執行人か」

直「ちょい待って」「味方やで」「君、乙骨君やろ」

虎【乙骨、、、伏黒が言ってた2年の】【五条先生と同じ特級呪術師、、、!!】

乙「アナタは?」

直「禪院直哉、真希ちゃんのいとこや、君と同じで虎杖君殺せって言われとる」
「安心しぃ君の邪魔はせぇへん」「その代わり」、、、

直「虎杖君を殺してもそのことを上に暫く黙っててくれへん?」

交渉する直哉。

直「彼を餌に会いたい人がおんねん」”恵君のこと黙っといたらよかったな肝冷えるわ”

(乙骨優太には伏黒恵の話は聞こえて無いと思いますが特級呪術師であの呪力を見せつけられたら流石の直哉もビビりますよね。)

乙「いいですよじゃあそっちは任せます」

 

虎杖脹相も作戦会議

脹「逃げるぞ悠仁」直哉と乙骨優太が話す中、脹相が小声で虎杖悠仁と打ち合わせる。

脹「金髪は種のあるスピードタイプ」「アイツと追いかけっこは美味くないおれが足止めする」

虎「大丈夫かよ」

脹「俺はな狙われてるのはオマエだぞ悠仁」「黒髪、、、乙骨から逃げ切ることだけを考えろ」
「五条悟と同じタイプと見た戦ったら死ぬぞ」脹相はそう言いながらゆっくり手を合わせた。

脹【悠仁と術師(にんげん)を戦わせずかつ俺に引け目を感じさせない提案】
【フッ、、、世話が焼ける、、、】脹相のお兄ちゃん度合いが強まっていますね。

脹「昨日の地点で落ち合うぞ」虎「応!!」

(果たしてそんなに簡単に落ち合えるのでしょうか?)

 

バトル開始

そう言い終わると同時に皆一斉に動き出す。

脹相の”穿血”の構えを瞬間移動で蹴り上げる禪院直哉。

ロケットスタートで逃げる虎杖悠仁をトップギアで追撃する乙骨優太。

虎「速い!抜き身の刀を持ってこれかよ!!」

乙「速いな走り出しで潰すつもりだったのに」

お互いの速さを評価する二人。

(50m3秒の虎杖に追いつく乙骨は元々こんなに速くないのであれば修行や呪力でここまで速く成ったという事なのでしょうか?)

”乙骨の進路を妨害するつもりが読まれていたか!”

 

脹相vs禪院直哉

禪院直哉、脹相に強烈な一撃。

直哉「見てたでさっき」「赤血操術(せっけつそうじゅつ)やろ?」
「なんで君がそれを持っとんのかは知らんけど”穿血”以外はそんな怖ないほんで”穿血”を出すには」
「百歛(びゃくれん)」「デカいタメがいる」「後は言わんでも分かるやろ詰みや死ぬで君」

「オマエこそ」「俺の弟に手を出して生きて帰れると思っているのか?」

 

虎杖悠仁vs乙骨優太

一方、走る二人の前に横倒しの車。

虎杖悠仁は車を飛び越え、乙骨優太は回り込み虎杖の着地のタイミングに合わせた刀を構える。

着地すると見せかけ逆再生の様な動きを見せる虎杖悠仁、乙骨優太の刀は空を斬る。

【絶対斬れると思ったのに、、、】「真希さんみたいだ」虎杖悠仁の動きに驚く乙骨優太。

(伏黒恵も始め虎杖悠仁の身体能力に禪院真希の天与呪縛を感じていましたよね。)

車を殴り乙骨優太にぶつける虎杖悠仁。

【見通しのいい所じゃこの人から逃げきれねぇ!!今の内に、、、】【屋内に逃げ込む!!】

乙骨優太にぶつけたはずの車が虎杖悠仁の頭を飛び越え行く手を阻む。

(よく見ると乙骨優太はぶつかって来た車に左手を添えて受け身を取っていますね)

 

初めて会話を交わす虎杖悠仁と乙骨優太

乙「驚いた?パワータイプに見えないもんね」

虎”パワーが無くても、、、とんでもねぇ呪力量だ、、、”

乙「実際非力な方だしね」

虎”パワー不足を呪力強化で補ってる皆やってることだけどこのひとがやると、、、”「俺の真逆だな」

乙「気づいた?」「五条先生より多いんだよ呪力量」
「でも先生は”六眼”があるから術式を発動した時のロス呪力が限りなく0なんだ」
「パフォーマンスではやっぱり先生が一番だよ僕に呪力切れはあっても先生にはないしね」
「話は終り」

(乙骨先輩!話し終わりですか?、、、狗巻先輩の事とか聞かないんすかねぇ?)

”マジか!!”攻撃の手が緩むどころか厳しい追撃を加える乙骨優太。

(これは本気で虎杖悠仁を殺しに来てますね!)

 

東堂とナナミンの言葉がよぎる

【一流の術師ほど呪力の流れが読みずらいものだ、オマエとは違う理由でな】不意に東堂葵の言葉がよぎる。

虎”アレは一流ほど呪力操作の制度が高いから直前まで攻撃が予測できないという意味だ”

”でもこのひとは、、、刀を含め全身から常に呪力が立ち昇っている!!”
”動きを読む読まない以前の問題!!””全ての攻撃が決定打に成り得るし全てのダメージを最小限に抑えられる”

【後は頼みます】ナナミンの言葉がよぎる。

虎「悪いけどまだ死ぬわけにいかねぇんだわ」

託された一命。身を賭して果たす!!

と言う事で141話でリカちゃんを出して来るのか?

その前に止めに入って来る高専のメンバー等がいるのか?

脹相vs禪院直哉はどうなるのか?

全く先が読めませんね。

 

呪術廻戦ネタバレ最新141話考察!?まとめ

と言う事で今回は呪術廻戦ネタバレ最新141話考察!?虎杖悠仁は禪院家と加茂家の血を引く者?についてお伝えして参りました。

今後予測される事として言えるのは虎杖悠仁の出生の謎の所ですが禪院家と加茂家の血筋の事が何か関わって来るのでは無いか思われます。

そして東堂葵と乙骨優太のご対面はあるのか?

それから宿儺が完全体に成るために伏黒恵はどの様に使われるのか。

それから脹相はあまり長く無いのではないかなと言う事。

大まかにですがこの辺りが気になる所では無いでしょうか?!

と言う事で今回は呪術廻戦ネタバレ最新141話考察!?虎杖悠仁は禪院家と加茂家の血を引く者?についてお伝えして参りました。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。