呪術廻戦

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!
Pocket

今回は万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!についてお伝えして行きたいと思います。

五条は学長に会いはうため伊地知を運転手に車で向かう。

しかし人けの無い郊外のしかも山奥で車を停め伊地知は先に行かせてしまう。

「さてと、、、」と一言、空を見上げると満月を背に何者かが襲い掛かって来たのだが、、、

と言う事で今回は万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!についてお伝えして行きたいと思います。

 

目次

万事醜悪反吐が出るの意味!

皆さんには中々馴染みの無い言葉かなと思います。

どちらかと言うと年配の方の方が知っている言葉でしょうし、それでも使う人は少ないのでは無いでしょうか?!

一応調べてみましたのでご参考までにどうぞ!

  • 万事とは、、、

”何もかもみんな”とか”全部”と言う意味です。

使い方として、、、

一事が万事(一つの事柄を見て、それ以外の事も同様なものだと推測されること)とか、大河ドラマとか時代劇で良く使われる言葉ですね。

他にも”万事うまくいった ”や”万事休す”(もうどうにもならない)というのも有りますね。

「万事」は、物ではなく事柄について、その全部の意を表わすそうです。

  • 醜悪とは、、、

”容姿がみにくいこと”とか”行いや心がけなどが卑劣で嫌らしいことや、また、そのさま”

と言う意味だそうです。

  • 反吐とは、、、

食べたものを吐き戻すこと。

”顔を見ただけでへどが出そうだ”や”へどを吐くほど飲んでしまった”

等と言う風に使うようですが、、、

まとめて見ると

”何もかもみんな容姿はみにくいし、行いや心がけなどが卑劣で嫌らしいので食べたものを吐き戻しそうだ!”

と言う事に成りますね。

因みに漏瑚(じょうご)の一人称は儂(わし)なので是非こちらも覚えて漏瑚(じょうご)ごっこをお友達とやってみてはいかがでしょうか!!

 

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!

  • 蓋棺とは棺桶の蓋を閉めるという意味で死を意味する言葉です。
  • 鉄囲山とは仏教用語で世界の中心にあると言われる須弥山 (しゅみせん) をめぐる九山八海の最も外側にある鉄でできた山と言う意味です。

つまり、「この囲まれた岩の外に出る事は到底不可能な事で、入った時点で既に死が確定していますよ。死あるのみですよ。」

と言う事を意味しているのではないかと思います。

 

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!呪術廻戦アニメ7話ネタバレ!

未登録の特級呪霊登場

話を虎杖の乱入前に巻き戻します。

五条は学長に会うため伊地知を運転手に車で郊外を走っている。

山間に差し掛かると突然「止めて」と言って伊地知を先に行かせてしまう。

「さてと、、、」と一言、空を見上げると満月を背に何者かが襲い掛かって来た。

そこに現れたのは凶悪呪霊・漏瑚(じょうご)だった。

「君何者?」漏瑚は崖肌にミニ火山を仕掛け五条は強烈な噴火に巻き込まれる。

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!

漏瑚は「存外大したことなかったな」微笑むが、五条は「誰が大したことないって?」と全くの無傷で現れる。

【呪霊のくせにしっかりコミュニケーションがとれる】【その上この呪力量、未登録の特級か】【恐らく今の宿儺より強い】と漏瑚を見立てる五条。

「矜持が傷付いたか?」漏瑚が尋ねると「いや」楽しく成って来たと指を鳴らす五条。

 

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!漏瑚(じょうご)の頭から大量の虫が!

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!

漏瑚(じょうご)の頭から大量の虫が!

「楽しくなってきた、、、か」「危機感の欠如」と漏瑚は言いつつ頭の噴火口からポンポンポンポン何かを生み出している。

五条は【わざわざ人のいない所で、いや、他の術師の加勢を避けたのか】と心で呟きつつ次の漏瑚の攻撃に備える。

漏瑚のポンポンはやがて火礫蟲(かれきちゅう)と成って五条に襲い掛かる。

【まっ僕を狙って来たのは確かだね】「危機感の欠如、、、ね」と左手の人差し指と中指立てて火礫蟲の攻撃を受ける。

すると、五条の目の前で全て火礫蟲は身動きが取れなく成ってビタッと止まってしまう。

「これ当たるとどうなんの?」と火礫蟲に針に触れると、蟲は「ビリビリ」と大きな音を立て始める。

そして時限爆弾の様に爆発してしまうが空中へ回避、難を逃れ「音と爆発の二段構え、器用だね」と五条。

 

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!漏瑚(じょうご)の攻撃は激しさを増していくが、、、

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!

漏瑚は掌から炎を放ち五条の顔面を吹き飛ばしさらに強い火力で胴体に衝撃はを与えつつ焼き尽くしてしまう。

「こんなものか」「蓋を開けてみれば弱者による過大評価」「今の人間はやはり紛い物、真実に生きておらん」

万事醜悪、反吐が出る」「本物の強さ、真実は、死をもって広めるとしよう」と漏瑚は勝利宣言。

すると、、、「この件さっきやったよね」「学習しろよ」と五条は纏った煙を脱ぎ捨てながら余裕で再び現れる。

「どういうことだ」と漏瑚が尋ねると、「んー、簡単に言うと当たってない」と五条は返答。

「馬鹿な、さっきとはワケが違う」「儂は確かに触れて殺した」と漏瑚は言う。

「君が触れたのは僕との間にあった「無限」だよ」「教えてあげる、手出して」と五条はは手を差しのべて言う。

「?」【殺意はない、探るだけ探るか】と漏瑚は手を出すが、五条には一向に触れる事ができず思わず【これが「無限」、、、?】と心で呟く漏瑚。

 

五条の反撃

「止まってるって言うか僕に近ずく程遅く成ってんの」「で、どうする?」「ぼくはこのまま握手してもいいんだけど」と五条余裕綽々。

「、、、断る」と漏瑚完全に五条の術中にハマる。

「照れるなよ」とおちょくりモードの五条「こっちまで恥ずかしくなる」と手は恋人繋ぎでボディを殴打

「貴さまっ!!」

速い!!ただ呪力で強化した打撃じゃない!!なんだ!!分からん!!わからねば!!】と混乱する漏瑚。

「まだまだ」と再びボディを殴打する五条。

白目を剥く漏瑚に「無限はね本来至る所にあるんだよ」「僕の呪術はそれを現実にもってくるだけ」と解説

 

五条は更に術式反転「赫」を発動させる

「「収束」「発散」、この虚空に触れたらどうなると思う?」と問いながらも、術式反転「赫」を発動させる五条。

派手に吹っ飛ぶ漏瑚を追撃、負けじと応戦する漏瑚だが見立てよりも速い五条は背後に回り込む。

ギリギリまで引き付けた状態からの五条の蹴りがクリティカルヒット!!

漏瑚は湖の中に高速で落下していくのでした。

五条は「あっ、ちょうどいいか」と火山頭が池ポチャするのを見てつぶやく。

漏瑚は以前、夏油にファーストフード店で「いいけど死ぬよ、漏瑚」と言われたことを思い出し、「眉唾ではなかったな」「だが当たらぬなら領域に引きずりこむまで」と考える。

ここまでの流れを見るに付けても五条先生は最強の名を欲しいままにしていますよねぇ。

漏瑚が何をやってもお見通しの状態で余裕の反応。

完全に横綱相撲でむしろ漏瑚の力に手合わせしているレベル。

 

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!虎杖悠仁観戦

五条と漏瑚の戦闘の真っ最中、、、

「、、、。」「何処へ行った?!」漏瑚は五条を見失う、、、が間もなく姿を現す。

何と五条はどう言う訳か虎杖の首根っこを右手で軽々と持ち、湖の水面にフワリとたたずんでいた。

「ごめん、ごめん、待った?」と五条。

「どこ!?ねえここ何処!?」と事態が全く理解できない虎杖。

「そいつは!?」【宿儺の器、、、!!】呟く漏瑚。

「見学の虎杖悠仁君です」と敵に紹介する五条。

「富士山!!頭、富士山!!」と指を指して訴える事しか出来ない小学生の様な虎杖でした。

 

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!瞬間移動する五条

少し前の話。

虎杖が映画鑑賞に取り組んでいる様子を見て、【へえ、意外と飲み込みが早い】と分析、「悠仁」と声をかけるも呪骸を起こす事も無い。

「五条先生!?用事は!?」と驚き応答しながらも呪骸はピクリとも動かない虎杖の一連の様子を見た五条は【早めに出力上げてさっさと次の段階進めそうだね】と心で呟き。

「出かけるよ悠仁」「課外授業、呪術戦の頂点「領域展開」について教えてあげる」と虎杖を駆り出す。

「見学の虎杖悠仁君です」と、虎杖を漏瑚との戦いに連れて来たのはそうゆう流れである。

虎杖異例の飛び級待遇、【領域展開】とは果たして、、、

アニメ7話の追記です↓

「先生、俺10秒位前まで高専にいたよね」と虎杖が尋ねる、五条は「んー、トんだの」と簡単に返答。

【宿儺の器生きてたのか】「、、、」【今後のため虎杖は殺せん】【まさか我々の目的に気づいて?】と心で呟きつつ「なんだそのガキは盾か?」と知らない振りを漏瑚する。

【あ、説明する気ないな】と完全に見学者ムードの虎杖。

「盾?」「違う違う、言ったでしょ見学だって」「今この子に色々教えてる最中でね」「ま、君は気にせず戦ってよ」と返答する五条。

漏瑚が「自ら足手纏いを連れてくるとは愚かだな」と言うと。

五条は「大丈夫でしょ、だって君弱いもん」と返答する。

すると漏瑚の怒りは完全にMAX頂点に達し頭頂、両耳の位置から激しく噴火する。

 

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!領域展開『蓋棺鉄囲』(がいかんてつちせん)を発動していく漏瑚

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!

漏瑚が「舐めるなよ、小童が」「そのニヤケ面ごと飲み込んでくれるわ」とキレまくる。

そのやり取りを聞いて【コイツが弱い?】【今までのどんな呪いよりも遥かに呪い】と虎杖は心の中で呟いた。

五条が「大丈夫、僕から離れないでね」と虎杖に言う。

それと同時に漏瑚は領域展開「蓋棺鉄囲山」を発動していく。

すると周囲は暗いゴツゴツとした岩の洞窟、更にマグマが噴き出て灼熱地獄に包まれているる。

 

五条先生領域展開を解説

「なっ、なんだよこれ」と虎杖が驚き取り乱しながら訪ねる。

「これが「領域展開」」「術式を付与した生得領域を呪力で周囲に構築する」「君達が少年院で体験したのは術式の付与されていない未完成の領域だ」

「ちゃんとした領域なら一年全員死んでたよ」「恵は解ってたんじゃないかな?」

「領域を広げるのは滅茶苦茶呪力を消費するけどそれだけに利点もある」「一つは環境要因によるステータス上昇」と冷静な五条の授業は続く。

「オー!ゲームの「バフ」みたいなもんだね」と虎杖。

「もう一つ、、、、」

【チェイ!】【並の術師なら領域内に入れた時点で焼き切れるのだがな、、、】ぼやく漏瑚。

「領域内で発動した付与された術式は絶対当たる」と続ける五条。

「絶対!?」と虎杖が半信半疑でたずねると。

「ずぇ〜ったい」「でも安心して、対処法もいくつかある」「今みたいに呪術で受けるかこれはあまりオススメしないけど領域外に逃げる、、、大抵無理、そして、、、」と五条の解説は続く。

 

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!領域展開『無量空処』を発動させる五条

「貴様の無限とやらもより濃い領域で中和してしまえば儂の術も届くのだろう?」と漏瑚は敵ながら確認する。

「うん、当たるよ!」と五条。「ん!?無限?」気に成る虎杖。

【「獄門彊(ごくもんきょう)を儂にくれ。蒐集 に加える。」ここに来たのは半分は戯れ】【殺せぬならそれはそれで構わんと思っていた】

【だがこの突き付けられたこの彼我の差を】【呪霊としての、新たな人間としての矜持が、到底受け入れられん】と漏瑚は振り返っていた。

「領域に対する最も有効な手段、こっちも領域を展開する」「同時に領域が展開された時、より洗練された術がその場を制するんだ」「相性とか呪力量にもよるけど」と解説。

「灰すら残さんぞ五条悟!!!」といきり立つ漏瑚。

そして領域展開「無量空処」を発動していく五条。

 

慌て取り乱す漏瑚

漏瑚の放った「蓋棺鉄囲山」の領域展開は一瞬で消え去り宇宙空間で一人取り残された様になる漏瑚。

「何が起こった」「儂の領域が押し負けたのか?」「何も見えん、何も感じん」「違う、何もかも見える、全て感じる」「いつまでも情報が完結しない」「故に何もできん」と漏瑚は慌て取り乱す。

「ここは無下限の内側」「知覚、伝達、生きるという行為に無限回の作業を強制する」「皮肉だよね、全てを与えられると何もできず緩やかに死ぬなんて」

「でも君には聞きたいことがあるからこれ位で勘弁してあげる」と漏瑚の首と胴体を引き千切る。

そして、首だけになった漏瑚を足蹴に「誰に言われてここに来た」と訊問する五条。

 

 

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!花御(はなみ)の登場

その様子を遠くから夏油と花御が観戦していた。

夏油は花御に「私は高専関係者に顔を見られるわけにはいかないからここで帰らせてもらうよ」

「助けたいなら助ければいいさ」「君達にそんな情があるかは知らないけどね」と告げその場を立ち去ろうとする。

花御が謎の言葉を発し漏瑚の助けに向かうと、夏油は「よく言うよ、呪霊の分際で」と呆れる。

五条は「命令されて動くタイプじゃないか」「僕を殺すと何かいいことがあるのかな」「どちらにせよ相手は誰だ?」と更に漏瑚に尋問。

すると突然空から降ってきた植物が目の前の地面に突き刺さり、お花畑が一面に広がる。

二人はお花畑に思わずホッコリしてしまう。

すると、五条は「呪術?だよな戦意が削がれる」と感じるが、顔を叩いて戦意を取り戻す。

二人が油断した隙をついて花御は漏瑚の頭を奪い取る。

木の根っこの様な化物に足をからみ付かれ、一本釣りされた虎杖は「先生、俺は大丈夫、ソイツ追って」と言うも、即ピンチと悟り「ゴメン嘘、ヘルプ」と助けを請う。

五条が化物を制圧に注力している隙に花御は漏瑚を持って逃げ去しまう。

 

五条の中期的学習プラン

【逃げられた気配を消すのが上手いな火山頭よりもよっぽど不気味だ】と立ち尽くす五条。

【どーもスミマセンでした私のせいで逃げられてしまいましてべもここに連れて来たのは先生ですよね?悠仁】土下座する虎杖。

「このレベルの呪霊が徒党を組んでるのか、楽しくなってきたねぇ」「悠仁、っていうか皆にはアレに勝てる位強くなってほしいんだよね」と虎杖に願望を伝える五条。

「アレにかぁ」と火山頭を思い出し露骨に嫌な顔をする虎杖。

「目標は具体的な方がいいでしょ」「目標を設定したら後はひたすら駆け上がるだけ」「ちょっと予定を早めてこれから一月映画観て僕と戦ってを繰り返す」

「その後は実戦、重めの任務をいくつかこなしてもらう」「基礎とその応用しっかり身につけて交流会でお披露目といこうか」と五条は中期的学習プランを発表する。

「交流会って何?」虎杖は質問。

一方、五条を待つ学長夜蛾は「遅い」と伊地知を前に苛立ちを隠せない。

 

真人の部屋

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!

夏油がマンションの一室を開けるとそこには南国のビーチが広がっていた。

夏油が中に入って行くと真人がビーチパラソルの下のベッドで本を読みくつろいでいる。

「漏瑚はどうした夏油」と聞くと、夏油は「瀕死、花御が助けに入ったから多分大丈夫じゃないかな」と返す。

真人が「無責任だな、君が焚きつけたんだろ」と言うと、夏油は「とんでもない私は止めたんだよ」と返す。

そこに瀕死の漏瑚を持った花御が現れる。

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!

「これで分かったと思うけど五条悟は然るべき時、然るべき場所、こちらのアドバンテージを確立した上で封印に臨む」「決行は10月31日渋谷、詳細は追って連絡するよ」「いいね、真人」と夏油言いう。

「異論ないよ」「狡猾にいこう、呪いらしく、人間らしく」と返す真人。

>呪術廻戦15巻予約購入特典いつまで?八重洲ブックセンターの予約方法も!<<

 

万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!まとめ

と言う事で今回は万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!についてお伝えして参りました。

五条先生はどうやら瞬間移動が出来るようですねぇ~。

それから五条先生が発動させた領域展開『無量空処』凄い威力でしたねぇ~。

更に虎杖を飛び級的に次の、、、いや先のステップに進め更に中期的学習プランとはかなり期待を掛けてる感が伝わって来ますねぇ~。

そして宿儺よりも漏瑚を強いと見立てた所、そして虎杖の内に秘めた沈黙の宿儺の今後がどの様に展開してくるのかが期待が高まるポイントと言えましょう。

もう一点忘れては成らない夏油とその手下達が居ましたね、、、夏油そして真人が不気味ですねぇ、、、。

と言う事で今回は万事醜悪反吐が出るの意味!領域展開がいかんてっちせん(蓋棺鉄囲山)の意味も紹介!についてお伝えして参りました。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。